「安藤式チャート」は、社内・グループ企業へ影響大です

レデイ薬局
代表取締役社長 三橋信也

~安藤さんのチャート化の技術に驚きました~

まずもって、一冊の本を短期間でチャートにするという技術に本当に驚かされました。こんな能力をもった人がいるのだ、世間は広いと。しかも次々と分厚いドラッカーの経営書をチャートにしていくスピードにも驚嘆でした。こんな人がいるのだということだけでも勉強になりました (笑)

~ドラッカーの考えを理解でき、経営判断や意思決定に有効です~

特にドラッカーのチャートが多かったので、まずはドラッカーの考えをシンプルに理解できました。1冊を読むのにも時間がかかるところを、チャートの冊子だと、あっという間に3、4冊は読めるし、しかも要点が頭に残りやすいというメリットがあります。経営書の類のチャートですから、すべての経営判断や意思決定に有効だったことはいうまでもなく、部下に説明するときにも、要点だけをシンプルに伝えることができるのでより理解が深まったと思います。また部門ごとの責任者に、該当するチャートを渡すことによってきちんとした目的と手段が選べたのではないかと思います

~売上・利益に有効に働いています~

当社は流通業で、不特定多数の顧客ですから、どのような評価という点は、なかなか難しいですが、単純に販促や商品選定にマーチャンダイジングの発想が取り入れられますので売り上げや利益には有効に働いていると思います。

また、顧客ではありませんがグループ内の経営企画担当の幹部等にも手渡し、その発想と手法を勉強してもらっていますが喜んでいただいています。

このページの上部へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。